support

独立支援制度

「飲食業界へ新しい力を送り続ける」為に、キーオカンパニーでは独立支援制度を充実させています。
機会は全員に平等、育成も全員に平等、その中で「独立意思」が生まれたメンバーへのチャンス提供の制度です。

実は社長の沖も修行したお店から独立支援を受けてキーオカンパニーを設立しています。21歳の時に土浦市の飲食店で働き始め6年の勤務中に様々な経験を積み、何より「飲食業の楽しさ」をより深く実感していきました。そして店舗立地のマーケティング、商品開発、など様々な支援を受けて独立。今に至ります。そんな経緯もあり、私たちの独立支援制度は、当社設立の支援への感謝、10年間支えてくれている街への感謝の気持ちを込めています。

実際に2015年1月1日現在で3人の「社長」が当社から誕生しています。
社名は違ってもいつもまでも同志であり仲間でありチーム。繋がりのイメージは「船団」ですかね(笑)。船に例えるなら、創業時は「手こぎボート」。少しの波でも揺らいでしまいます。ボートから小型艇、大型船、母艦…と自力でスケールアップしていくのが「独立・経営」です。ですが競合が多い飲食業界。ボート時代の荒波を乗り越えるには沢山の苦労と運が必要です。ですが、手漕ぎボートを大型船や母艦が取り囲む「船団」だったらどうでしょうか?荒波を小波に、暴風を凪に変えていくことが出来ます。独立を支えるだけでなく、独立後も支えていく、そんな船団になりたいと考えています。
支援を受けて独立・設立した当社の独立支援で社長が生まれ、街に良いお店が増えていく。そして独立した社長たちが独立支援をして、また次世代が生まれていく。そんな「チャンスの連鎖」が生まれることを目指しています。

実は社長の沖も修行したお店から独立支援を受けてキーオカンパニーを設立しています。21歳の時に土浦市の飲食店で働き始め6年の勤務中に様々な経験を積み、何より「飲食業の楽しさ」をより深く実感していきました。そして店舗立地のマーケティング、商品開発、など様々な支援を受けて独立。今に至ります。そんな経緯もあり、私たちの独立支援制度は、当社設立の支援への感謝、10年間支えてくれている街への感謝の気持ちを込めています。

実際に2015年1月1日現在で3人の「社長」が当社から誕生しています。
社名は違ってもいつもまでも同志であり仲間でありチーム。繋がりのイメージは「船団」ですかね(笑)。船に例えるなら、創業時は「手こぎボート」。少しの波でも揺らいでしまいます。ボートから小型艇、大型船、母艦…と自力でスケールアップしていくのが「独立・経営」です。ですが競合が多い飲食業界。ボート時代の荒波を乗り越えるには沢山の苦労と運が必要です。ですが、手漕ぎボートを大型船や母艦が取り囲む「船団」だったらどうでしょうか?荒波を小波に、暴風を凪に変えていくことが出来ます。独立を支えるだけでなく、独立後も支えていく、そんな船団になりたいと考えています。
支援を受けて独立・設立した当社の独立支援で社長が生まれ、街に良いお店が増えていく。そして独立した社長たちが独立支援をして、また次世代が生まれていく。そんな「チャンスの連鎖」が生まれることを目指しています。